ホーム  >  沿革

江南山天徳院教専寺 沿革

縁起

当寺10世の鳳山の「教専寺由来記」によると葦浦若太夫という者が、文明年間(1469-1486)に蓮如上人より名号をいただき、永正11年(1514)得度して西願となり、実如上人より方便法身尊形をうけたのに始まる。

五世淨祐の時、寛文13年(1673) 11月に寂如上人から阿弥陀如来を下賜され、寺号を天和3年(1683)に許された。

先の本堂は、元禄12年(1699)より着工し、同15年(1702)9月に完成した。同12年に「小袖の喚鐘」と呼ばれる喚鐘も完成している。

7世淨照院釋聞哲は「西海」と号して、漢方医学や文学や書に秀でていた。由良の風光明媚を聞哲が漢詩で読み、息子8世智定は「左傳」と号して和歌を詠んだ「安都十八景」が残っている。また、享保11年(1726)4月に和歌山藩では3ヶ寺目の東本願寺に転派している。しかし、23年後の寛延2年(1749)6月に戻った。

12世速成の時、文化四年(1807)正月16日に現在の本堂が建立している。「文化四年正月16日 本堂建立 教専寺第十二世住持 釋速成 生鑑二十六歳」という棟札が、平成16年11月29日に修復中発見された。

15世智芳の時、文久4年(元治元年1864)に1月6日と7日に、14代将軍徳川家茂公が、参与会議のある二条城に向かうために、軍艦翔鶴丸で大坂に向かう途中、当寺を本陣に休息された。その際、病弱の将軍は朝鮮人参を入れたお風呂にはいられ、蜜柑を召し上がった。その風呂桶は今に残っている。この時に葵のご紋をいただいた。蜜柑の木は「献上蜜柑」と今に残っている。この一行の中に勝海舟がいた。

18世智徳の時、平成6年(1994)1月27日に西本願寺の24代即如ご門主が日高組の巡教に教専寺に来られた。

19世智行の時、平成18年(2006)4月30日に、門信徒の浄財を結集して2年にわたる工事の末に、教専寺本堂鐘楼改築落成慶讃法要・親鸞聖人750回大遠忌法要等を執り行った。平成29年(2017)10月21日から11月26日まで和歌山市立博物館で、将軍様の風呂桶と古文書「公方様御碇泊諸事控」「乍恐奉願上候口上」を展示した。

教専寺 和歌山県日高郡由良町阿戸244番地
交通アクセス
法的遵守
Copyright 2018 kyosenji.jp All rights reserved.